なた豆歯みがきで対策!

歯磨き粉を変えるだけでも口臭予防になります。大抵口の中の粘りが減ったというような体感。今の歯磨き粉が微妙なら変えてみるのもいいかもしれません。

なた豆歯みがきで対策!

なた豆は口臭対策ができると聞き、通販サイトで販売しているなた豆歯みがきを利用してみました。歯みがきで口臭が対策できれば便利だなぁと思い、1本試しに続けてみると2週間ほど経った頃からだいぶ口臭が改善されてきたのを体感できるようになりました。これはすごいなぁと思うようになり、なた豆歯みがき粉を続けるようにしました。40代を過ぎてから口臭が気になるようになったので、やはり加齢による影響も大きいなぁと実感するようになり、なた豆歯みがき粉を続けて口臭対策は必要だと実感するようになったので、嬉しくなりました。

舌ブラシとタバコを吸わないことです

私がやっている口臭対策は、毎日寝る前と起きたときに舌ブラシをすることと、タバコを吸わないことです。舌というのはかなり汚れが溜まりやすく、それが口臭のもとになることも多いので、しっかりと舌ブラシをするようにしています。毎日寝る前に舌ブラシをしておくことで、起きたときの口臭を減らすことができます。
そして、タバコを吸うと口がタバコ臭くなるので、絶対にタバコを吸わないようにしています。身体にも悪いですし、タバコは口臭の原因にもなるからです。舌ブラシをすることと、禁煙をすることが、口臭対策としておすすめできる方法です。

歯磨き、マウスウォッシュ、ガム

私は職業柄人と近い距離で接することの多いので、口臭には普段から気を付けるようにしています。まず仕事前に歯磨きをしっかりして、マウスウォッシュでうがいをするようにしています。口の中で雑菌が繁殖すると口臭がきつくなるという話を聞いたことがあるので、歯磨きとマウスウォッシュは欠かせない習慣になっています。また、ずっと口を閉じていても唾液が分泌されず口が臭くなるということなので、休憩時間などにガムを噛んで、なるべく口を動かすようにしています。これらを実践した結果、以前まで気になっていた口臭があまり気にならなくなり、仕事にも集中できるようになりました。

毎食事後に歯磨きをして、マウスウォッシュを毎晩使う。

時と場所が許す限り、食事をした後には必ず歯磨きをするようにしています。なんと言っても口の中がさっぱりしますし、それが習慣になると、食事後に歯磨きしないと気持ちが悪いほどです。特に私はお世話なっている歯医者さんから、唾液の出る量が少ないので、口内の自己洗浄力が弱く、それが虫歯や口臭の原因になりやすい体質だと言われているので、意識的に歯磨きの回数を増やしています。また、夜寝る前の歯磨き後には必ずマウスウォッシュを使っています。その時口の中がさっぱり清潔になるだけでなく、翌朝まで清潔さが保たれるようで、使わなかった時に毎朝食べ感じる口の中の酸っぱさや口臭がほとんどなくなりました。ただ、アルコールが含まれているマウスウォッシュは刺激が強くて苦手なので、ノーアルコールの製品を選んで使っています。

歯磨きをしっかりとすること!

私も以前にですが、自分の口臭を気にしたことがありました。そして、自分なりに考えました。むし歯は無いし、特に花粉や風邪の為に口臭に影響与えて無いしと。そして、私はただ単にマメに歯磨きを心懸けたところ自然と口臭が気にならなくなりました。また、時折歯磨きの際に舌まで軽くですが洗うようにしたのです。すると、より口臭を気にしなくなりました。磨き過ぎはよくありませんが程ほどにマメに歯磨きすることが1番だと思います。そして。終わってからは必ず自分の両手で口をふさぎ込んで息を吐いて口臭チェックすれば尚更OKだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です