口臭対策の基本は歯磨き

口臭をどうにかするならまずは歯磨きは基本です。

1日3回歯磨きと2回マウスウォッシュ、ガム

朝起きてから、歯磨きとマウスウォッシュをしています。
昼食後は、職場で歯磨きをしています。
晩御飯の後に、歯磨きとマウスウォッシュをしています。
また、気になったときにはガムを噛むようにしています。
女性との交際をきっかけに口臭に気を遣うようになりました。
また、職場で新人の教育係になり、その新人が女性だったため、より気をつかうようになりました。
その新人女性は、ざっくばらんに話をできる子で、隣の席の先輩男性のにおいが嫌だということを言っていたので、口臭を含めにおいに気を遣うようになりました。(その後、部長にこっそり話をし、席替えをするほどでした。)

歯磨きのときに舌磨きも

口臭から受けるイメージは大きいですよね。どんなに着飾っていたとしても、口臭がアウトならその人の衛生面すべてが否定されるようなものです。口臭による不快感を与えないためには、やっぱり歯磨きが一番大事だと思いますし、このときに使用する歯磨き粉はスッキリ爽やか系の香りを放つものを使用しています。そして、歯磨きと一緒にやっているのが「舌磨き」です。注意しないといけないのはゴシゴシとやるような舌磨きは、逆に舌を傷めて悪臭を放つようになるということですので、十分に注意する必要があります。
あとはガムとマウスウォッシュを使っているくらいです。他人から不快感を得たくないので、自分も不快感を与えないようにしていきたいと思っています。

口臭チェックと口臭スプレーで対処しています

口臭の主な原因の1つとして、唾液が臭う事だったりします。なので唾液が臭っていないかどうかを、私は時折チェックする様にしているのです。やり方としては、手の甲を舐めて30秒程度時間を置いてからその部分を臭ってみる事だったりします。そうして舐めた手の甲が強めに臭っている場合は、口臭が発生している証拠だと考えて口臭スプレーで対処するのです。なのでデートの時や商談の時等、口臭に注意すべき時は必ず口臭スプレーを携帯して事前に口臭スプレーを使用しています。更に普段も仕事中にトイレに行った際に、口臭チェックを行って臭っている時は直ぐに口臭スプレーを使う様にしているのです。

こまめに舌苔や歯間ブラシを利用しています。

口臭は結構気をつけていますが、歯磨きを習慣にするだけでは完全とはいえません。

自分の場合は定期的に100均で売られている糸ようじや歯間ブラシなどで歯と歯の間に貯まっている歯垢や歯石を取り除くようにしています。鏡を見てみると分かるんですけど、意外と歯と歯に歯垢や歯石って貯まっているんですよね。

そういうところを重点的に、あと奥歯の方も入念に取り除いていくイメージで歯垢を取っていきます。

更に舌の表面に白く付着してる汚れ。

あれは舌苔というのですが、あれも口臭の原因となるので定期的に取り除くようにしています。

舌苔も100均ショップで取り除くブラシが出ていますからお手軽にケアすることができますよ。
仕上げにミントタイプのガムでも噛んでおけば口臭もかなり軽減されるでしょう。

歯間ブラシ

歯並びが悪く普通の歯ブラシでは届かないところがあり、妻が歯医者で推進された歯間ブラシを使い始めました。メーカーはデンターシステマを使用しています。歯間ブラシを使い始めた当初隙間に入って行かなかったのですが数日していると入って行くようになりました。最初歯ぐきから血がでてその匂いがものすごく臭くてこれが口臭の原因になっているのではと感じました。最近では朝ご飯後に又就寝前に歯間ブラシをしています。また歯ぐきとの間に入っている食べかすなどもとれるので虫歯予防にもなると思ます。最近は家族全員が使用しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です